AFFLUENTE / CONTRASTO - Insurrezione split 7"EP (Accidia HC)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

AFFLUENTE / CONTRASTO - Insurrezione split 7"EP (Accidia HC)

残り1点

¥500 税込

送料についてはこちら

"Insurrezione" (叛乱) とサブタイトルがつけられたコンセプト・スプリット7"。そしてイタリアのベテラン・アナーコパンク・2バンドが顔をそろえた。本作には「 右・左のファシストどもの抑圧的な制度上の政治は、腐敗する装置から荒れ狂う意志がどれくらい実際に癌の根源を根絶しようとする行動に具体的に発展するかを毎日示している (明らかに)。」~から始まるContrastoの声明や、1922年に"Arditi del Popolo" (市民の突撃) として、当時のイタリア・ファシスト政権と闘った反ファシズム・ミリタント"Guido Picelli"の言葉などが載せられ、時代をつないで「叛乱」の分析再考が試みられる。もっとも重要なことは、本作が「叛乱」をテーマとしながら、「俺たちはどこで間違っているのだろうか?」 (by Contrasto) 、あるいは 「俺たちは、状況、日常生活の批判的な分析、時間との相互作用および周囲の出来事に浸透する能力を次第に忘れさせられ/失わせられた。」 (by Contrasto) といったように、その不可能性に焦点を当てていることである (「叛乱」とは本質的に人々と遊離しない行為であり、「私たちみな」をつなぐ行為であるので、こうした自分と他者を重ね合わせること。つまり私たちの「たち」に対する「負」の分析があるのはすごくいい。「叛乱」はかぎられた人間の行為ではない)。次にContrastoの声明はこう締めくくられる : 「ANSWERS ARE NEEDED」 (答えが必要である)。私たちは答えを出すことを嫌がるが、Contrastoが言うこの「抑圧的な制度上の政治」がますます進歩する局面 では「答えが必要である」こともまた事実なのかもしれない。2バンド共にまさしく「Insurrezione」をうながすスラッシングなポリティカル・ハードコアを4曲ずつ収録。全編怒号につつまれる。イタリアの全23のDIYパンク/ハードコア・レーベルによる協同リリース。 Release date: 2008