KLONNS - Amon / Gehenna 7"EP (Black Hole)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

KLONNS - Amon / Gehenna 7"EP (Black Hole)

残り1点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

「NEW WAVE OF JAPANESE HARDCORE」を掲げ、コレクティブ的な役割もある「Discipline」という独自のパーティーを企画する東京のKLONNSのNew 7"EPが、Black Holeよりリリ-ス。 今作も彼ららしい新感覚溢れる素晴らしい出来。ジャパニーズ・ハードコアやブラック・メタルの影響もある新世代の「ノイズクラスト」とでも形容していいのか分からないが、いわゆるR&Rテイストがあるというわけでもなくノリノリである。とすれば、レーベル・インフォにある通りEBMのそれだろうか。今作では「VVLGAR」EPで見せたDビートというより、モッシュビートに近い。そしてひたすらダークで終始ブルータルなサウンド。 片面のみの2曲 + デジタルリリースの2曲。 ※2021年4月5日発売。 Black Holeレーベルインフォより: KLONNS - AMON / GEHENNA (7"+ DL code) Side A only 1. AMON ft. HATE from MOONSCAPE 2. GEHENNA ft. AISHA from IGNITION BLOCK M Digital Only Bonus Tracks 3. AMON (RYOKO2020 Remix) 4. GEHENNA (CVN Remix) Cover Art by Joe B BHR-029 ¥1,100-(税込) NWOJHCを掲げ、東京だけでなく日本でトップクラスのハードコアパンクを吐き散らす KLONNS。2021年3月末、GranuleとのSplit 7"以来のレコードをBLACK HOLEよりリリース。 今回収録の2曲はMOONSCAPE、IGNITION BLOCK Mのボーカルをそれぞれフィーチャー。咆哮という言葉がしっくりくるSHVのボーカルと80's Japanese Hardcoreに影響されつつもボディーミュージックにも捉えられるような体が動くサウンド。そこに闇に充ち溢れたHATE、ニヒルで芯のあるAISHAの声が絡みつく。2010年以降のRaw Hardcoreへの東京からの回答。 またデジタルリリースのみでそれぞれのRemixも収録。RYOKO2000によるGabba、CVNによるNeo Tranceが感じられる2曲はぜひ聴いて驚きを感じてほしい。 作品を彩る上でのアートワークは、グラフィックアーティストとしてSubversive Rite / Questionのプレイヤーとして素晴らしいパフォーマンスを魅せたJoe Bが担当。 http://blackholekuroiana.blogspot.com/2021/03/klonns-amon-gehenna-7-dl-code.html Release date: 2021