{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

TERMINAL NATION / KRUELTY - The Ruination of Imperialism split CD (Dead Sky Recordings)

¥1,500 税込

送料についてはこちら

U.S.ポリティカル・ハードコア / グラインド / デスメタル "Terminal Nation" 及び、黒く進化し続ける東京 "Disgusting Music "Kruelty" の『 The Ruination of Imperialism』(帝国主義の終焉)と題された新作スプリット。Krueltyの「Z」くん主催のDead Sky RecordingからCDバージョンがリリース。Acclaim Collectiveも推薦の渾身の作品。 以下、レーベル・インフォより: USアーカンソー州より鈍器のような重音をかき鳴らすヘヴィーヒッターTerminal Nationと、日本は東京より暗黒の極みへと邁進を続けるデスメタリックハードコアKRUELTYの極上スプリットが実現! オリジナルはUS名門20 Buck Spinが仕切り、こちらはKRUELTYメンバー運営のDead Sky Recordingsによる国内盤である。 両者ともに隙のない名曲を用意しているが、Terminal Nationは前作1stフルレングスで見せたデスメタル路線を踏襲しつつも初期のパンキッシュな面を併せ持つ楽曲となっている。まさに”デスパンク”を自称するにふさわしい仕上がりである。ミキシングに、過去Gatecreeperなどのレコーディングを手掛けたRyan Bramを起用。モダンかつRAWさも失わない絶妙な仕上がりに。 KRUELTYは1stフルレングス以降の流れに沿いつつも、より大胆に展開しよりアグレッシブに攻める2曲を用意。突っ走るDビートから急転直下のビートダウンまで、あらゆるエクストリームミュージックを取り込みつつもしっかりと彼ら流にまとめた形だ。ミキシングにはこれまで同様Taylor Youngを起用した。 スプリットとしての完成度を高めるために、マスタリングは全曲まとめてUSハードコア/メタルシーン第一線のBrad Boatrightに依頼。世界レベルで戦うにふさわしいプロダクションとなった。 全5曲入り。通常ジュエルケース仕様。 Release date: 2022