{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

KAPYKAARTI - 2010-2014 CD (K.Tuotanto)

残り2点

¥1,000 税込

送料についてはこちら

神奈川のフィンランド・スウェーデンといった北欧のパンク/ハードコアを中心にリリースしている"K.Tuotanto"より、フィニッシュ・アナ―コパンク"KAPYKAARTI"の2010-2014ディスコグラフィーCDがリリース。Manifesto Jukebox、The Phoenix Foundation、1981といったUKメロディック要素のあるバンドとはまた違う土着的なメロディック・パンク。めちゃくちゃかっこいい。フィンランドのDIYパンクを知るべくして知りつくしているK.Tuotantoというべきリリース。 レーベル・インフォより: フィンランドのアナーコパンクバンドのディスコグラフィーCD。ex Olotila , Pax Americana , Mojakkaのサックス奏者/ボーカルのSatru中心に結成されたバンド。LPと2枚の7インチから、すべての音源を全20曲収録しています。これこそフィンランドと思えるような、多少メロディーがあり哀愁も漂う曲、フィンランド特有のメロウで勢いのあるボーカルが特徴的なフィニッシュアナーコな音作り。やはり一年の半分はうす明るくて、糞寒いフィンランドならではの独特の感じがあります。歌詞が長いバンドなので、多少早口になっている曲もあります。もちろんサックスも所々入っています。やはりフィンランドのバンドは、フィンランド語で歌わないと全く味が無くなります。フィン語 = 巻き舌上等な感じですね。バンドにとって重要な物のみ、日本語変換したものが掲載されています。そこまで英語のスキルはありませんので、適当に解釈してください。Olotilaファンにはもちろん、初期ポーランドアナーコやUKアナーコが好きな方にも聴いていただきたい内容です。国内流通は100枚のみ。シュリンクされたスリムケースに4pブックレットとプレスCDが入っている作りです。 Release date: 2018